皴が深々とくっきりしていると、年上みえます。どんなひとでも、結構年をとれぱ目元や法令線の見上げ皺がふかくなってしまうのですが、十二分には横じわのないようにいたいですよね。

女のかたの皮膚は、ヒアルロン酸やコラーゲン等でハリがつづいているのですが、歳を重ねてとこれらの成分が生み出し難くなってしまうんですよ。高鮮度な状態が無くなってしまうと、皮膚は重力に負けてしまいだんだん下へとタレ下がり易くなってしまい、お肌本性の重みも関係して皴が出来るようになっちゃうのです。

お顔のひたい部位に出来てしまう横じわは、前頭筋と呼ばれている御凸にある筋肉が並外れのストレスによって顔色が原因となり、出来ちゃうと言われてます。子供の頃からおでこの皴が消えないというひともいらっしゃいますが、年を取ると共に横じわがすごい深くなっていくなんていう例もあるのですよ。

美容外科等では、ボトックスを注入して、おでこの見上げ皺にたいして治療をしているのですよ。筋肉の締め付けが発生しない様、ボトックス注射で神経信号を封じます。額の皴を目立たなくするために、前額の筋肉にたいしボトックスを入れて、筋肉にちからが入ってしまわない様します。

他にも、眉の間や、目もとなどにできるこまかい見上げ皺な対し、ボトックス注射がインセンティブを発揮してくれます。数ヵ月程度で徐々にプラスの結果が薄くなりますが、定期的にしていく事によって好結果を継続させることがが可能です。

例え前額部の皴を改善させたいと願っているひとは、ボトックス注射で治療を行うといいかもしれないね。

Tags :