お肌の真皮と呼ばれる層の7割がコラーゲンによって作られていて、皮膚組織の骨組みの隙間をしっかりと埋めるように繊維状あるいは膜状に存在しているのです。肌にハリや弾力を保ち、シワのない若く美しい肌を保つ真皮層を組成する中心の成分です。
大昔の美人として現在までも語り伝えられる女性達が動物の胎盤であるプラセンタを美容とアンチエイジングのために愛用していたそうで、かなり古くからプラセンタの美容に関する効果がよく浸透していたことが見て取れます。
保水力を持つヒアルロン酸が真皮層で十分な量の水を保有しているから、外側の環境が色々な変化や緊張感により乾燥状況になっても、肌は直接ダメージを受けずにツルツルした手触りのいい状態でいられるのです。
よく耳にするコラーゲンという物質は、人間を含めたすべての多細胞動物に存在する最も一般的なタンパク質として、皮膚や骨、腱、軟骨など身体の至る箇所に含まれていて、細胞をつなげ組織を支える接着成分のような役割を果たしていると言えます。
コラーゲンという物質は身体を形成する繊維状のタンパク質で、何種類かのアミノ酸が集合体となって形作られている化合物のことです。人の体内の全タンパク質のうち約3分の1がこのコラーゲンという物質で占められているのです。