長期間、太陽光を浴びていると日焼けするのは、大抵のひとがわかってます。日焼けしてしまう要因である太陽光は、一体どういう物でしょう。

紫外線光とは、太陽の光の一種で、性質をA波・B波紫外線、C波に類別する事が可能です。ガラスのような光を通す物体では、UVA波をさえぎることは出来ず、皮ふへと届いてしまいます。ガラス窓ごしに陽光を浴びてた時や、車で移動をするときにも、UVA波というのは浴びてしまうので陽焼けします。

また、UVB波については雲でさえぎれるので、雲がかかっている日や、雨の日は減ってしまうのです。気候で照射量が変化する紫外線光量とは、この紫外線B波なのです。

紫外線光C波が日焼けしちゃう事に関係はないのです。何故かというと、太陽光c波は雲を通り抜けないからなんです。

A波は、ガラスを通る事が出来る為、皮ふの奥の真皮へと通ってしまうのですが、有毒度合で言うならB波ほどじゃないといわれているのです。

肌の日に焼けることを考えたら、部屋で紫外線を浴びるので、常時対処をとる必要性のある紫外線なのです。肌の色が黒くなることが、色焼けの効果ではじゃ無いのです。シミやくすみが出来るし、肌のたるみや肌の老化要因にもなってしまうものです。

UVでサンバーンをしちゃうのは、皮膚をガードする為にメラニンの色素を増やす、いわば防御反応なのです。こんがり焼けた皮膚は元気なイメージを人にあたえますが、肌年齢の観点において考えると皮膚にとって良い事とは言えないので、対処がが必要なんです。

Tags :