最近ては、ドラッグストアにはにきびには効果かがあるというクリーム等が売り出されていますので、にきび治療ができます。薬を使用してもにきびの症状が改善されない場合には、皮膚科で診てもらうことをおすすめします。にきびの症状は人によって色々で、深刻な症状であれば、病院に行く必要があります。原因は、毛穴に皮脂汚れや、角質層が詰まってしまうことです。にきびは思春期の代名詞のようなものですが、子供から大人まで幅広い年齢層において発症しやすい症状でもあります。病院で処方される抗生物質を含むクリームや、飲み栗を用いるという方法がにきび治療の基本です。ホルモン療法を受けたり、ビタミンの補給量を増やすことで、にきびの症状を緩和するという方法もあります。にきびのある肌に対して、薬を塗布したり、直接刺激するという方法は、最近の治療ではやっていません。広範囲へにきびができていたり、にきびの症状が慢性化して繰り返しにきびが生じている場合に関しては、状況が異なります。にきびができる皮膚の状態を変えるために、ケミカルピーリングを施しているような皮膚科もあります。にきびの炎症に悪化が見られる際には、患部へ直接ステロイド剤もしくは抗生物質を注射する治療が行われる場合もあるようです。家庭でのスキンケアでにきびの症状がよくならない人は、皮膚科にかかるのもおすすめです。医療機関を受診してにきびの治療が終わってからも、不健康な生活等てにきびが再発しないよう、健康にいい食事や、質のいい睡眠を重視することです。

Tags :